廃品回収と個人情報

粗大ゴミはなるべく自治体に回収してほしいと考える人も多いでしょう。見ず知らずの廃品回収業者に比べれば相当安心できるはずです。しかしテレビや洗濯機、パソコンは自治体が引き取ってくれないため、量販店でお願いしたり、自分で回収業者を探したりする必要があります。回収業者を選定する時、皆さんはどのような点に気を付けるでしょうか。人によって選択基準は様々でしょうが、誰しも気になるのが個人情報の漏洩問題です。長年使った家電や家具には、廃棄する段階で完全消去できていない情報が潜在する可能性があります。

確かにお金さえ払えば、回収業者は依頼主である我々をお客様扱いしてくれますし、回収日時や場所に関しても自治体より柔軟に対応してくれます。便利なのは間違いありません。しかし回収業者の全てが優良であるわけもなく、中には悪徳業者もあって、法外な対価を要求したり、回収したゴミを適切に処分することなく、不法投棄したりすることもあります。そして最も怖いのが、廃棄したゴミに含まれる個人情報を悪用されることです。こうした悪徳業者に引っ掛からないためには、見積もりをお願いした時点で注意深く吟味することが大切です。またその業者が「一般廃棄物収集運搬許可」を取得しているかどうかを確認しましょう。

そこまで防御してもパソコンを始め、廃棄品から個人情報が漏れることは珍しくありません。パソコンを引き取ってもらった直後、ダイレクトメールや勧誘の電話が入るようになれば、その業者の杜撰な管理を疑わなければなりません。酷い業者の場合、個人情報を名簿作成業者等に売却している可能性すらあります。

Start the discussion

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です