「流し」とは何か

拡声器を搭載した軽トラックが、「不用品を回収する」と宣伝しながら走っているのをよく見かけますが、彼らは業界で「流し」と呼ばれています。主に家電を回収することを目的として走っているのだと言います。家電リサイクル法によって簡単には捨てられないパソコンやテレビを回収し、輸出問屋に運び入れるのが仕事です。因みに輸出問屋はそれらの家電に眠るレアメタルを採掘することで収益を得ます。古い家電は問屋も横流しできないため、「流し」が回収する時点で引き取り料が発生することもあります。

昔はブラウン管等を東南アジア等へ販売することができたのですが、今では輸出そのものが難しく、「流し」の取り分も減額されています。車を「流す」のにもガソリン代と人件費がかかるため、最近はこの拡声器搭載トラックが減りつつあります。そうした厳しい時代にあって、「流し」が特に喜んで回収するのがエアコンです。エアコンは仲介業者に高く引き取ってもらえるためです。またオーディオ類も喜ばれます。こちらも海外で販売しやすいことが理由です。逆に引き取りを拒まれることも多いのがアイロンや加湿器等です。海外でこれらの家電を使うためには各種変換器が必要になるからです。加えて大型家具も嫌われます。輸出するとなるとかさばるため、輸送コストがかかり過ぎるのです。輸出問屋に引き取ってもらえなければ、「流し」は自分の粗大ゴミとして自治体に出さなければならず、リスクの大きい廃品なのです。

最近は「流し」を大手便利屋が営んでいることもあり、各種比較サイトがネット上に登場しています。そこでは引き取ってもらえる品目が掲載されており、一読の価値があります。

Start the discussion

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です